2010年04月19日

民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)

 民主党岐阜県連は12日、「内閣支持率の低下に歯止めがかからず、参院選への影響は避けられない」として、鳩山首相や小沢幹事長の政治資金問題を念頭に「政治とカネの問題で、さらなる説明責任を果たすとともに、速やかに新体制を築くこと」などを求める鳩山代表あての意見書を提出した。

 県連代表の平田健二参院国会対策委員長が党本部にファクスで文書を送付するとともに、役員会で報告した。

 これに対し、小沢氏は役員会後の記者会見で「全国、誰でもそういう心配もしているが、一致協力して選挙で勝利を獲得しようという気持ちに何ら変わりはないと思う」と述べ、体制刷新の考えがないことを強調した。

新田次郎文学賞に帚木さんら(産経新聞)
割引財源で高速道建設=財政特措法改正案審議入り−衆院(時事通信)
原中新体制「混合診療」「医療ツーリズム」などに懸念―日医会見(医療介護CBニュース)
首相、「財政健全化へのロードマップ」作成を指示 参院選マニフェストに向け(産経新聞)
首相動静(4月12日)(時事通信)
posted by ツボタ クニオ at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。