2010年04月22日

仕分け対象の独法決定=47法人、151事業−刷新会議(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が20日夕、首相官邸で開かれ、事業仕分け第2弾で対象となる47の独立行政法人(独法)と151の事業を決定した。外務省所管の国際協力機構(JICA)、文部科学省所管の大学入試センターなどの事業を取り上げた。公開の場での議論を通じ、官僚OBの天下りを含め不透明な事業の実態を明らかにし、無駄の削減を目指す。仕分け結果は5月にもまとめる独法の制度改革案に反映させる方針だ。
 鳩山首相は会議の冒頭、「あらゆる観点から国民の目線に立って見直していく。事業仕分け第2弾がうまく運営されるようにお願いする」と述べた。
 仕分け対象は、事業の必要性や効率性、国または民間でできないかなどの観点から選定。現在104ある独法の半数近くが対象となった。 

【関連ニュース】
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言
独法の役員公募、第3弾開始=6ポスト対象
47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾
「5月決着」改めて強調=鳩山首相

<民主党>参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく(毎日新聞)
<雑記帳>龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎(毎日新聞)
車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作−相模鉄道(時事通信)
“橋下節”封印「今日は招かれざる客なのかな」(産経新聞)
西岡参院議運委員長、「憲法審査会規程の未整備は遺憾」(産経新聞)
posted by ツボタ クニオ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。